腸内細菌(腸内フローラ)が 産生 するビタミンはB1、B2・・・

僕たち人間が健康に生きていくには欠かせない栄養素に「ビタミン類」があります。

しかしビタミン類を合成する力は僕たちには備わっていません。

食べ物からビタミン類を合成してくれるのは腸内フローラの腸内細菌なんです。

なぜ、体内ではビタミン類を産生できないのか

ポップの臓器

生き物は、体内で不足すると生命や成長に危機を及ぼす栄養素については、自分で合成が出来る機能を持っています。

そのように進化していったんです。

でも、多少不足しても、そういった危機がないのであれば、エネルギーの消費を節約するために、その栄養素の合成は腸内細菌に任せるようになりました。

ビタミン類の他にも、酵素や短鎖脂肪酸もそうです。

短鎖脂肪酸を代謝して吸収する腸内フローラ どんな効果がある?

 

とはいえ、ビタミン類やその他の栄養素も健康に生きていくには必要不可欠な栄養素で、ビタミン不足が続けば、身体の至る所に不具合が発生します。

ビタミンは「体の潤滑油」とも言われています。

 

また、ビタミン類の合成機能を放棄した理由のもう一つが、ビタミン豊富な食事が出来ていたことです。

ビタミン類を多く含んだ食事ができ、同時にビタミン類を合成できる腸内細菌が腸内フローラには沢山棲みついていたため、自分の身体ではビタミンを合成することを辞めたんですね。

腸内細菌が産生するビタミン類の主な働き

健康な臓器

ビタミンには色々な種類があり、それぞれに大事な機能があります。

たとえばビタミンB2は、「発育のビタミン」とも呼ばれていて、肥満予防や新陳代謝の助けになっています。

ビタミンB2が不足すれば、唇の荒れや口角炎、肌荒れなどの症状が表われてきます。

 

腸内細菌が産生するビタミン類の主な働きと、豊富な食材を表にまとめました。

ビタミンB1 糖質の分解を助ける。

精神の安定をし、成長を助ける。

多く含まれる食品:豚肉、ハム類、たらこ、うなぎ等

ビタミンB2 細胞の再生やエネルギーの代謝をたすける。

健康的な皮膚、髪、爪を作る。

多く含まれる食品:豚・牛・鶏のレバーやハツ、うなぎ、うずらの卵、魚肉ソーセージなど

ナイアシン 脂質、糖質、たんぱく質の代謝に重要。

多く含まれる食品:たらこ、ビンナガ(ビンチョウ)マグロ、かつお、イワシの丸干しなど

パントテン酸 脂質、糖質、たんぱく質の代謝に重要。

ビタミンB6や葉酸と共に免疫機能に働きかける。

多く含まれる食品:鶏・豚・牛のレバー、鶏のハツ、卵黄、ひきわり納豆、たらこなど

ビタミンB6 健康な皮膚を作る。

神経伝達物質を作るのに必要。

多く含まれる食品:にんにく、ビンナガ(ビンチョウ)マグロ、酒粕、牛肉のレバー、かつお

ビタミンB12 神経細胞の核酸やたんぱく質の合成、修復を助ける。

悪性な貧血を防ぐ。

多く含まれる食品:しじみ、赤貝、すじこ、牛肉のレバー、あさり

ビオチン 脂質、糖質、たんぱく質の代謝を助ける。

皮膚や粘膜を健康に維持する。爪や髪に重要なコラーゲンを合成。

疲労感や憂うつな気分にも関連。

多く含まれる食品:まがれい、あさり、ししゃも、たらこ、まいわし

葉酸 貧血の予防。

たんぱく質や核酸の合成を助ける。

多く含まれる食品:鶏・牛・豚のレバー、うなぎ、うに、えだまめ、モロヘイヤ

ビタミンK2 血液の凝固に関係。

骨の代謝に重要。

多く含まれる食品:ひきわり納豆、パセリ、シソ、モロヘイヤ、春菊、バジル

 

腸内フローラが乱れていては、サプリメントを摂取しても意味がない

ビタミンのサプリメント

腸内フローラが乱れていると、ビタミンの合成が正常にされず、上の表でも上げたような機能が得られません。

「肌の調子が悪い」「髪の毛が抜けやすい」「太りやすい」「疲れやすい」「イライラする」といった体の不調は、腸内フローラの乱れからくるビタミン不足の可能性もあります。

また人が幸せを感じるときに必要な神経伝達物質の「セロトニン」。

これも腸内細菌が作り出すビタミンが重要で、うつ病などにも関係していると言われています。

幸せホルモン「セロトニン」幸せを感じるには腸内フローラを整えよ

腸内細菌が産生するその他の栄養素

色んな栄養素

ここまでは、ビタミン類に関してでしたが、他にも腸内細菌が作り出す栄養素があります。

消化管ホルモン

人間にはホルモンという、身体を正常に動かすための情報を伝達する物質があります。

ホルモンは多種多様で、その一部も腸内細菌が作っています。

腸内細菌が作っているホルモンは消化に関するものが多く、「セクレチン」「コレシストキニン」「インクレチン」などです。

これらを「消化管ホルモン」と呼び、消化に必要なさまざまな情報を伝えています。

エクオール

エクオールは聞いたこともある人がいるのではないでしょうか。

女性にとっては特にうれしい効果をもたらす物質です。

肌を若々しく保ったり、更年期障害やガンにも力を発揮。

大豆イソフラボンから腸内細菌により作られ「スーパーイソフラボン」とも呼ばれています。

大豆
大豆イソフラボンという物質を聞いたことありますよね。 女性ホルモンの代わりとして働いてくれる、女性にとってうれしい物質です。 ...

最後に

ビタミンというと、「ビタミンC」や「ビタミンB」がなじみ深いように思いますよね。

レモンとか豚肉を食べていれば摂取できているのかと単純に思っていました。

でもビタミンには色んな種類があり、身体の色んな働きに重要な栄養素だったんです。

しかもただ摂取しているだけではダメでした。

腸内細菌がビタミンを作っていたんですね。

僕たちが健康に生きていけるのも腸内細菌があってこそなんですね。

幸せな6人家族
腸内フローラを改善し、あらゆる健康を手に入れる。 腸内フローラを改善すれば、いろいろと健康になるとは聞くけど、具体的にどうしたらい...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

腸内フローラ

腸内フローラとは? 腸内環境を改善するとどうなる?

ガッツポーズの看護師の男女

腸がきれいで健康な人がしている3つの方法

大豆

スーパーイソフラボン【エクオール】とは大豆イソフラボン+腸内細菌

環境の悪い腸

【腸内フローラをチェックしよう】便で腸内環境の状態を判断

脳

乳酸菌が脳に効く?腸内フローラ(腸内細菌)で性格が変わる

幸せそうな家族のみんなの笑顔

幸せホルモン「セロトニン」幸せを感じるには腸内フローラを整えよ