幸せホルモン「セロトニン」幸せを感じるには腸内フローラを整えよ

幸せそうな家族のみんなの笑顔

腸内フローラの状態の良し悪しで影響するのは身体の健康だけではありませんでした。

僕たちの心や脳にも大きな影響を与えてるんです。

色んな可能性を感じさせてくれる腸内フローラ、今回は僕たちが幸せを感じるための、腸の関係についてです。

腸内フローラ(腸内細菌)は脳や心に影響

健やかな寄り添うハート

腸内フローラをいい状態へと整えることで、色んな病気や体調の健康に影響します。

そしてその影響は心や脳などの精神的な面に影響していることが分かっているんです。

乳酸菌が脳に効く?腸内フローラ(腸内細菌)で性格が変わる

うつ病や自閉症、性格までもが腸内細菌により左右されている部分があるようです。

 

そして僕たちが「幸せ」を感じるとき、脳で特定な神経伝達物質が分泌されています。

それら物質を「幸せホルモン」とも呼ばれています。

それが腸内フローラと関係しているのです。

幸せホルモンとは

幸せそうな顔

僕たちが「幸せ」を感じるとき、脳では神経伝達物質が分泌されるのですが、その代表的な物質が「セロトニン」と「ドーパミン」です。

  • セロトニン:物事がうまくいっているとき、「歓喜」「快楽」を伝える。
  • ドーパミン:逆境や不遇のとき、奮い立たせ「頑張ろう」とやる気を伝える。

僕たちが幸せと感じるには、これら幸せホルモンが脳で分泌される必要があります。

その原料となる”前駆体”が腸で作られているのです。

その為、腸内フローラの状態で幸せホルモンの分泌量が左右されています。

腸内フローラのバランスが悪ければ幸せホルモンの分泌量は大幅に減少してしまうということです。

 

腸が健康なら脳も健康、脳が健康だということは腸が健康。

人間にとって重要な「脳」と「腸」はお互いに影響し合っていて、「脳腸相関」とも言われています。

腸内細菌が幸せホルモンの前駆体を脳へ送る

うつ病に特に影響しているのはセロトニンだと言われています。

ですので、うつ病の治療ではセロトニンを増やすことが行われています。

 

実はセロトニンは、約90%が腸で作られており、各臓器に運ばれています。

脳では全体の2%ほどに過ぎないのですが、そのわずか2%のセロトニンが大きな影響を及ぼしているようです。

 

腸で作られたセロトニンは脳まで届けることが出来ません。

「血液脳関門」といって、有害な化学物質などが入れないようにする機関があり、セロトニンも通れないんです。

ですので、腸は腸、脳は脳でセロトニンを作り出します。

しかし、セロトニンを作り出すのに必要な「前駆体」であれば小さな分子であるので、血液脳関門を通ることが出来ます。

 

その前駆体を作っているのが腸内細菌で、作った前駆体を脳へ送り出しているのも腸内細菌なのです。

幸せホルモンの増やし方

ミルクとグラス

幸せホルモンを脳内で分泌するには、腸内フローラで作り出される「前駆体」が必要だということが分かりました。

セロトニンの前駆体を作るのに必要なのは「トリプトファン」という必須アミノ酸です。

必須アミノ酸は、僕たちの人間の身体では作り出すことが出来ないアミノ酸で、食べ物から摂取するしかありません。

 

【トリプトファンの多い食品】

乳製品 牛乳

チーズ

ヨーグルト

大豆製品 豆腐

納豆

醤油

味噌

魚類 カツオ

マグロ

ナッツ類 アーモンド

ピーナッツ

その他

バナナ

小麦胚芽

 

トリプトファンからセロトニンの前駆体を作るのが腸内細菌

色んな乳酸菌

トリプトファンを摂取しても、腸内フローラの状態が悪ければ、セロトニンの前駆体が思うようには作られないです。

トリプトファンから前駆体を作るには、ビタミンB6が必要です。

また、もう一つの幸せホルモンである「ドーパミン」は、フェニルアラニンという必須アミノ酸から前駆体を作るのですが、そのときに必要なのが、葉酸ナイアシンビタミンB6です。

 

今出てきたビタミン類「ビタミンB6、葉酸、ナイアシン」は、腸内細菌が作っているんです。

 

つまり前駆体を作るためには、腸内フローラがビタミン類を正常に作れる状態、つまり腸内フローラが整っていることが大前提なんです。

 

腸内フローラの状態が悪く、前駆体が作れなければ、脳ではセロトニンが分泌できません。

ですので、トリプトファンを摂取する前に、腸内フローラを改善しておくことが大事です。

幸せな6人家族
腸内フローラを改善し、あらゆる健康を手に入れる。 腸内フローラを改善すれば、いろいろと健康になるとは聞くけど、具体的にどうしたらい...

まとめ

幸せホルモンを増やすには腸内フローラを改善することから始まります。

  • 脳でセロトニンを作るには、前駆体が必要。
  • 前駆体は腸内細菌が作り、腸内細菌が脳へ送り出す。
  • 前駆体を作るには、必須アミノ酸であるトリプトファンを食べ物から摂取する。
  • トリプトファンを前駆体にするには、腸内フローラがビタミン類の合成が正常に出来る必要がある。

腸内フローラが良い状態であることが、最終的には幸せホルモンを多く分泌することに繋がってるんですね。

また腸内フローラがバランスよく整っていれば、他の面でも健康な身体へとなります。

そうすればストレスなども軽減され、より幸せを感じることが出来ると思います。

腸内フローラを改善して好循環を作りましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

体重計に乗り、青ざめる女性

「禁煙」や「生活の乱れ」で太る理由は腸内細菌にあった。

大豆

スーパーイソフラボン【エクオール】とは大豆イソフラボン+腸内細菌

環境の悪い腸

【腸内フローラをチェックしよう】便で腸内環境の状態を判断

血管の状態チェック

腸内フローラの環境が悪いとレシチンに副作用が!腸と動脈硬化の関係

脳

乳酸菌が脳に効く?腸内フローラ(腸内細菌)で性格が変わる

いい大腸と悪い大腸

健康な人と病気の人の腸内フローラの違いは「多様性」