健康な人と病気の人の腸内フローラの違いは「多様性」

いい大腸と悪い大腸

健康な人と病気の人で腸内フローラの状態が違うということは明らかになっています。

ではどのように違うのでしょうか。

○○菌が多くいるなどと分かりやすい指標がほとんどないのが現状です。

でも単純に「善玉菌」「悪玉菌」の数だけでわけられるものでもなく、もっと奥深いものがそこにはあります。

しかし、一つ分かっている健康な人と病気の人の違いがあります。

それは「多様性」です。

腸内フローラの「多様性」

色んな細菌

ガンや糖尿病など多くの病気で腸内細菌の「多様性」が低下していことが報告されています。

また老化によっても多様性の低下が報告されています。

「多様性の低下」とは、腸内細菌の種類数が減少していることです。

多様性が低下することで起きる病気

ある腸内細菌だけが異常繁殖し、他の腸内細菌が減る病気があります。

「偽膜性大腸炎」、クロストリジウム・ディフィシルという細菌だけが異常繁殖するので、別名「クリストリジウム・ディフィシル感染症」とも呼ばれています。

症状としては、下痢や吐き気、倦怠感、最悪の場合は死もありえる病気で、アメリカでは年間1万人以上もの死者が出ているそうです。

抗生物質でクロストリジウム・ディフィシル菌を死滅させる治療法をとっても、クロストリジウム・ディフィシル菌は「耐性菌」といって、抗生物質に対して耐性を得ていく菌の為なかなか全部死滅させることが出来ません。

耐性を得たクロストリジウム・ディフィシル菌をさらに強い抗生物質で死滅させようとすると、逆に他の腸内細菌の勢力が衰えて、更に耐性をもったクロストリジウム・ディフィシル菌が増えて再発するという悪循環に陥るそうです。

そんな中、画期的な治療法が登場しました。

便移植の効果は92%

応援するうんちさん

健康な人の大便を、患者に移植するという治療法です。

抗生物質も効果が無くなって重症化している患者に、その治療法を用いると、なんと92%もの成功率なんだそうです。

 

この便を移植する治療法は要は、健康な人の腸内細菌を移植するという治療法で「便微生物移植」と呼ばれています。

寝たきりだった重症患者が、便微生物移植の翌日には人工呼吸器もとれ、薬も必要なくなるくらいに回復することもあるそうです。

それくらい効果が大きい治療法のようです。

「便微生物移植」でクロストリジウム・ディフィシル感染症が治るポイントは、「多様性」です。

腸内細菌の生態系がある

ジャングルとサバンナを合わせたようなイラスト

クロストリジウム・ディフィシル感染症は、単体でビフィズス菌や乳酸菌などを摂取しても治りません。

便微生物移植が治るのは、”多種多様”な腸内細菌がいる便を移植したから治るんです。

多様性が大切だということは、腸内細菌たちの中にも生態系があるということなんです。

腸内細菌は単独ではダメ。チームプレーが必要

僕たちの腸内フローラに棲みつく腸内細菌たちは、それぞれ単独で生きているのではなかった。

チームプレーのように、細菌Aが生きていくには細菌Bの働きが必要、細菌Bが生きていくには細菌Cの働きが必要、細菌Cが生きていくには細菌Aの働きが必要。

そのような感じに、お互いがそれぞれの助けがあって共存している生態系があると考えられているのです。

ですので、クロストリジウム・ディフィシル感染症のように、ある一つの種類の細菌だけが異常増殖してしまうと、腸内細菌たちの生態系が崩れて病気として症状が出てくるんです。

クロストリジウム・ディフィシル菌が単独で増殖して生きていける理由はわからないようですが、そういった腸内環境は不安定な生態系なのは間違いないようです。

不安定なため、便微生物移植で多様性のある腸内細菌を送り込むだけでクロストリジウム・ディフィシル菌を抑えることが出来るんですね。

悪玉菌も必要である

腸内フローラには「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という3つの細菌に大別されることがよくありますよね。

そして理想の割合は「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」と言われています。

 

「悪玉菌」と言うと「悪」がつくから、無くなってしまえばいいかと思いますが、やはり生態系というものがある限り、「悪玉菌」もひつような腸内細菌であることが言えますよね。

悪い影響ばかりが伝えられていますが、悪玉菌は体内に侵入した病原菌を攻撃するという働きもあるんです。

 

やはり大切なのは生態系のバランスですね。

「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」

 

そして「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」それぞれに多種多様の細菌が存在していることが健康な腸内フローラだと言えます。

幸せな6人家族
腸内フローラを改善し、あらゆる健康を手に入れる。 腸内フローラを改善すれば、いろいろと健康になるとは聞くけど、具体的にどうしたらい...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

腸内細菌(腸内フローラ)が 産生 するビタミンはB1、B2・・・

環境の悪い腸

【腸内フローラをチェックしよう】便で腸内環境の状態を判断

血管の状態チェック

腸内フローラの環境が悪いとレシチンに副作用が!腸と動脈硬化の関係

バランスのいい食事

短鎖脂肪酸を代謝して吸収する腸内フローラ どんな効果がある?

脳~胃~腸

腸内フローラで血圧・血糖値が下がる。ぽっこりお腹は243倍も・・・

幸せそうな家族のみんなの笑顔

幸せホルモン「セロトニン」幸せを感じるには腸内フローラを整えよ