スーパーイソフラボン【エクオール】とは大豆イソフラボン+腸内細菌

大豆

大豆イソフラボンという物質を聞いたことありますよね。

女性ホルモンの代わりとして働いてくれる、女性にとってうれしい物質です。

その大豆イソフラボンよりも優れた効果をもたらしてくれる物質があります。

「エクオール」

今回はエクオールについてです。

肌年齢などが気になる方に特に読んでいただきたいです。

エクオールとは?

腸内フローラの腸内細菌たちが作る物質には、色々な僕たちの健康を守ってくれます。

その中でも「短鎖脂肪酸」はあらゆる健康をもたらしてくれる物質でした。

今回紹介する「エクオール」は、短鎖脂肪酸とはまた別の腸内細菌が作り出してくれる物質なのです。

どういった物質で、どういった健康をもたらしてくれるのかを見ていきましょう。

エクオールの効果「肌の老化を防ぐ」

シワを気にする女性

エクオールの効果は何と言っても肌を若々しく保ってくれることです。

シワなど肌の老化を防いでくれるんです。

 

更年期が近づいてくると、どうしても気になってくる目尻のシワ。

「歳だから仕方ない」

なんて思ってませんか?

エクオールという物質が、そのシワを防いでくれることが研究により分かってるんです。

 

歳をとっても、いつまでも若々しい人っていますよね。

エクオールの効果かもしれません。

もちろん紫外線など外的な要因もありますが、つまりこういった肌の若々しさには腸内細菌が関わっていたんです。

女性にうれしい効果

体調不良の女性

腸内細菌が作り出す”若返り薬”とも呼ばれるエクオールは、肌を若々しく保つだけの効果じゃないんです。

女性にとってうれしい効果が他にもあります。

更年期障害の症状を緩和する働きです。

  • 顔の火照り(ホットフラッシュ)
  • 骨密度の低下を防ぐ(骨粗しょう症)

他にも更年期になると、めまいや動機、息切れ、イライラしたり気分が落ち込んだりなど生じる症状はあると思いますが、これらの症状に有効なんです。

 

女性ホルモンでエストロゲンという成分を聞いたことはありますでしょうか。

閉経後や出産後、更年期が近づいてくるとエストロゲンが減少していきます。

体内で分泌されるこのエストロゲンの減少が、肌の老化、更年期障害の症状だったりの原因一つです。

その大事なエストロゲンと同じような働きをしてくれるのがエクオールなんです。

エクオールの効果「前立腺ガン・乳ガンを防ぐ」

前立腺ガン

エクオールは女性だけにうれしい物質ではありません。

男性のガンの一つ「前立腺ガン」を防いでくれる働きも期待されているんです。

 

日本では前立腺ガンの患者が急増しているそうです。

それでも世界の発症率と比べると、アメリカは日本の10倍、ヨーロッパも数倍多いそうです。

なぜ日本は前立腺ガンの発症率が他の国よりも低いのでしょう。

これにはエクオールを作るのにとても関連している食品が理由でした。

日本人が良く食べているも、「大豆」です。

前立腺ガンを引き起こす男性ホルモンを、大豆イソフラボンが抑制するんですね。

最初の方でお伝えしましたが、エクオールは大豆イソフラボンよりも優れた能力を持っています。

ですので、エクオールにはガンを防ぐことも期待をされているんです。

前立腺ガンだけではなく、乳ガンにもです。

 

実際に前立腺ガン患者の腸内細菌にはエクオールが作れない人が多いとわかっています。

エクオールを作れない人は前立腺ガンになりやすいと言えるんです。

 

実はエクオールは誰にでも作れる物質ではありません。

エクオールを作れる人は3割

半分のリンゴ

腸内細菌がエクオールを作り出してくれるのですが、その腸内細菌を持っている人の割合は、2人に1人3割なんです。

残念ながらエクオールを作ることが出来ない人もいるんですね。

いつまでも若々しいあの人は、エクオールを作ることが出来る腸内細菌がいるのかもしれないです。

そして、エクオールを作れる人は、サプリや錠剤などを飲まなくても、既にその恩恵を受けているはずなんです。

でもエクオールが作れる腸内細菌を持っていたとしても、その細菌が好む餌となるものを摂取していなければ活発にエクオールを作り出してくれません。

エクオールを作る腸内細菌について見ていきましょう。

エクオールを作る腸内細菌とは?

どんな腸内細菌がエクオールを作り出してくれるのかはわかっています。

乳酸菌の一つで

「ラクトコッカス20-92」

 

では、ラクトコッカス20-92がどのようにエクオールを作り出しているのかです。

ラクトコッカス20-92が好む餌とは何かです。

エクオールはスーパーイソフラボン

ヒーロー

大豆イソフラボンのことは最初の方ですこしお話ししましたが、エクオール程ではないにしろ、同じような働きを持っているんです。

エクオールは大豆イソフラボンよりも優れていることから

「スーパーイソフラボン」

とも呼ばれています。

そしてエクオールが作られるには、大豆イソフラボンが欠かせません。

エクオールを作る腸内細菌の餌とは?

エクオールを作り出す腸内細菌「ラクトコッカス20-92」は、大豆に含まれる大豆イソフラボンを「スーパーイソフラボン」に変えることが出来るんです。

つまり大豆イソフラボンからエクオールを作り出しているんです。

スーパーイソフラボン「エクオール」大豆イソフラボン腸内細菌「ラクトコッカス20-92」

 

ですので、大豆食品を摂取することがエクオールをつくる条件です。

 

先ほど、エクオールを作れる腸内細菌を持っている人は2人に1人3割とお話ししました。

実はこれは、日本や韓国などの大豆を良く食べる国だけで、前立腺ガンの発症が多い欧米では、この腸内細菌を持つ人はほとんどいないそうです。

エクオールを作れない人は

薬瓶

お伝えしてきたように、残念ながらエクオールを作れない人もいます。

乳酸菌やビフィズス菌を生きたまま腸まで届かせたとしても、腸内フローラに棲みつくことはほとんどありません。

つまり、エクオールを作る腸内細菌「ラクトコッカス20-92」を摂取しても、エクオールを作れる身体にはなれないんですね。

では、そんな人たちはどうしたらいいのか。

諦めて大豆イソフラボンで我慢するしかないのか。

いつまでも若々しくいるあの人を指をくわえて見てるしかないのか。

 

研究は進められてはいるそうです。

菌を腸内フローラに棲みつかせるのに必要なことは少しずつ分かってきてはいるそうです。

 

でも今はまだ、エクオールが作れない人がエクオールのパワーを得るにはサプリメントが有効です。

いくつかオススメを紹介しますので、ぜひ試してみて下さい。

 

【エクオールサプリ エクオール+ラクトビオン酸】


【ノムダス】

幸せな6人家族
腸内フローラを改善し、あらゆる健康を手に入れる。 腸内フローラを改善すれば、いろいろと健康になるとは聞くけど、具体的にどうしたらい...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ほやほやうんち

うんちが臭い原因と改善方法!2日で簡単に臭いが消える!

血管の状態チェック

腸内フローラの環境が悪いとレシチンに副作用が!腸と動脈硬化の関係

幸せな6人家族

腸内フローラ(腸内環境)の改善方法。乳酸菌で善玉菌を増やすには?

環境の悪い腸

【腸内フローラをチェックしよう】便で腸内環境の状態を判断

バランスのいい食事

短鎖脂肪酸を代謝して吸収する腸内フローラ どんな効果がある?

腸内細菌(腸内フローラ)が 産生 するビタミンはB1、B2・・・