乳酸菌をヨーグルトで摂ると危険な効果が!?万人向けではなかった・・・

カップヨーグルトとスプーン

乳酸菌やビフィズス菌を摂取できる食品と言えば、真っ先に出てくるのがヨーグルトじゃないでしょうか。

乳酸菌には様々な種類があり、種類によって効果や特徴も様々。

その種類に沿って市販されているヨーグルトも様々な効果を謳っているものがあります。

しかし誰にでもその効果を得ることが出来るかは別かもしれません。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の効果

色んなヨーグルト

ヨーグルトは、牛乳を乳酸菌やビフィズス菌で発酵させて作ってます。

ですので、僕たちの腸内フローラの状態を整えてくれる乳酸菌が多く含まれてるんですね。

 

乳酸菌が腸内の環境を良好にしてくれるのは周知のとおりですよね。

腸内フローラに棲みついてる善玉菌が活発になり、数も増えて、悪玉菌を抑えます。

善玉菌が優位になることで、僕たちの身体は色んな恩恵を受けることができるんです。

幸せな6人家族
腸内フローラを改善し、あらゆる健康を手に入れる。 腸内フローラを改善すれば、いろいろと健康になるとは聞くけど、具体的にどうしたらい...

 

便秘や下痢の改善、ダイエット、血液に関する病気、ガン、うつなどの精神的な面などなど・・・

本当にたくさんのことに腸内フローラが関係しており、ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取することで身体を健康へと向かわせてくれます。

乳酸菌ダイエット痩せる理由やその効果とは。おすすめサプリを紹介。

 

ただ、ヨーグルトが腸内フローラを完璧にするような万能食ではないことは知っておくべきです。

食べさえすればOK、ではないんです。

食べ続けることが重要

ヨーグルトを食べることで、確かに善玉菌を刺激し、腸内フローラを善玉菌が優勢な状態に整えてくれます。

でも、この整腸作用はずっとは続きません。数日でしょう。

 

なので、ヨーグルトを食べることで得られる効果を持続させるには、ヨーグルトを毎日食べ続けることが必要なんです。

 

そして、ヨーグルトなどで摂取した乳酸菌にしろ、腸内フローラに棲みついてる乳酸菌などの善玉菌にしろ、僕たちの身体に素晴らしい効果を与えてもらうには、餌が必要です。

ですので、普段の食事というものが一番重要で、乳酸菌の餌となるものを食べるように心がけることが大事です。

乳酸菌と一緒に摂取。 餌や納豆菌の相乗効果でより健康になれる!

 

生きて腸まで届かなくても大丈夫

腸内フローラ

ヨーグルトに限りませんが、現在のスーパーなどで売られている乳酸菌を摂取出来るヨーグルトなど、またサプリメントなど、「生きて腸まで届く」という謳い文句で売られてるのをよく見かけますよね。

その背景には、ヨーグルトに含まれる多くの乳酸菌は腸へ到達するまでに胃酸や胆汁により死滅するからなんですね。

それが生きて腸まで届くとなれば、それは身体に良さそうですもんね。

 

でも誤解してはいけません。

死滅した菌「死菌」は、生きた菌「生菌」と同等レベルの効果をもたらしてくれます。

 

「死菌」は腸内フローラに棲みついてる善玉菌、一緒に摂取した「生菌」の餌となり善玉菌が活発になる効果があります。

「死菌」でも腸内フローラが整うんです。

更には悪玉菌が出した有毒物質を吸着して便として一緒に排出することもできます。

 

「生菌」はというと、その摂取した乳酸菌の種類が持つ特徴、効果が発揮され僕たちの身体を健康へと向かわせてくれます。

例えば「ガセリ菌SP株」を摂取すれば、ダイエット効果があります。

虫眼鏡と細菌
腸内フローラを整えるには、善玉菌である乳酸菌を摂取することがとても有効です。 しかし乳酸菌には沢山の種類が存在しており、その種類によって特...

 

こちらの記事も参考に
殺菌した乳酸菌は意味があるの?生菌と死菌の違いや特徴、効果とは?

ヨーグルトを食べる理由

機能性ヨーグルトと称されるヨーグルトもありますが、乳酸菌を腸まで生きて届かせ、必ずしもその機能を得るためだけがヨーグルトを食べる理由ではないんです。

 

腸内フローラを整えて善玉菌が優勢な状態にすることが大事で、「腸まで生きて届く」というのはそこまでの「ヨーグルトを食べる理由」とはならないですね。

 

つまり、機能性ヨーグルトはその機能を得ることができますが、ただ生きて腸まで届くというだけでヨーグルトを選ぶことはあまり意味がないかもしれないということです。

 

ヨーグルトを摂取することについて、次の項目でもう少し掘り下げて解説しますね。

 

ヨーグルトは万人に効果があるわけではない?

いい大腸と悪い大腸

機能性ヨーグルトは様々な種類があります。

ダイエットに効くもの、アレルギーに効くもの、便秘や下痢に効くものなど。

そういったヨーグルトを食べれば効果は得られるのですが、食べ続ける必要があります。

更には、満足いく効果が誰にでも得られるかといったらそうではないんです。

なぜ食べ続ける必要があるのか

まずヨーグルトなどで摂取する乳酸菌が、腸まで生きて届いたとしても、腸内フローラに定着することはほとんどありません。

先ほど、ヨーグルトを食べ続けることが重要だとお伝えしましたが、それには乳酸菌が生きて届いても数日で体外へと排出されるからなんです。

 

例えば、ダイエットの効果を得るための生きた乳酸菌「ガセリ菌SP株」を摂取したとしても、その効果は腸内にその乳酸菌がとどまっている間だけ。

なので、ずっと効果を得ていたければ、食べ続けることが必要なんです。

機能性ヨーグルトの効果だけに限らず、「死菌」「生菌」に限らずです。

2週間食べ続けるとわかる

食べ続けないと、乳酸菌の効果を得続けることができないことはわかりました。

次にお伝えするのは、僕たち個人個人の身体に合った乳酸菌があるということです。

 

腸内フローラに棲みつく腸内細菌は人によって様々です。全く同じだという人はいません。

そして棲みついてる乳酸菌の種類により、自分に合った乳酸菌もそれぞれなんです。

ですので、機能性ヨーグルトを摂取したとしても、その乳酸菌が自分の腸内に合うものなのかによって、効果のほどは様々。

乳酸菌にも相性があるんですね。

 

食べている機能性ヨーグルトが自分に効果があるかどうかは、2週間食べ続けてみて下さい。

食べ続ける理由は、先ほどお伝えしたように、数日で乳酸菌が排出してしまうからです。

 

2週間食べ続けても、相性が合わない乳酸菌であれば期待するほどの効果は表れないかもしれないです。

全ての人に効果があるわけではないんですね。

乳酸菌をヨーグルトで摂る危険性とは

動脈区化の進行具合

もう一つ、ヨーグルトを食べることで気を付けておきたいことを見つけたので、シェアしておきたいです。

 

命に関わるかもしれないので、一度目を通して下さい。

 

ノーベル賞受賞者の研究の結末

100年以上前ですが、ロシアの「エリー・メチニコフ」という生物学者がいました。

彼は、ノーベル賞も受賞した素晴らしい学者でした。

 

彼は晩年、ヨーグルトの健康効果について研究をしていました。

腸にいる腐敗菌がだす毒素で人は老い、動脈硬化の原因でもあると仮説を立てます。

そして、ヨーグルトを常食しているブルガリア人が長寿だということに目をつけ、ヨーグルトが動脈硬化を予防するんだと自ら実践してみせました。

 

しかし、メチニコフは71歳で亡くなってしまいます。

原因はまさかの動脈硬化症を伴う尿毒症でした。

動脈硬化を患ってる人はやめたほうがいい

このメチニコフの実験でもわかるように、ヨーグルトには動脈硬化にとってリスクがあるんです。

それは脂肪分ですね。

ヨーグルトにはそれなりの脂肪分があります。

その数値を見た限りでは、それほど気にするほど高い脂肪分ではないかもしれません。

ですが、既に動脈硬化を患ってる人にとっては、毎日ヨーグルトの脂肪分を摂取するのは動脈硬化の進行を促してしまう危険性があるんです。

 

確かにヨーグルトは健康になる食品です。

ただ万人に効果がある万能食ではないということは大事なポイントです。

健康な人が健康を維持するために、更に健康になるためにはすごく良い食品かもしれませんが、メチニコフのように脂肪分の過剰摂取となる場合もあるんです。

最後に

ヨーグルトにしろ、なんでも健康に良いからといって一度に食べすぎたり、必要以上の栄養素などを摂りすぎるのは問題が起こる原因になりうるってことですね。

「健康」という一言だけに踊らされずに、まずは自分の健康状態を知ることが大事です。

そして今の自分に何が必要で、何が必要じゃないか。

やみくもに健康だからと言って食べ続けるのは気を付けたいですね。

 

乳酸菌を摂取したいけど、ヨーグルトの脂肪分が気になる。

漬物や味噌、醤油は塩分が気になる。

そういったことがあります。

その場合はサプリメントなんかが解決してくれますよね。

なるべく自分に必要なものだけを選んで、不必要な脂肪分やカロリー、塩分を抑えることができますし、より効果的になる善玉菌の餌なども配合されてるものがありますので。

今大注目の乳酸菌サプリメント!スマートガネデン乳酸菌

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

虫眼鏡と細菌

摂取しておきたい【乳酸菌】の種類や特徴、その効果とは?

爽やかなイメージのヨーグルト

摂取したい乳酸菌の効果13選 あなたに必要なのがわかる

口臭に悩む女性

口臭の種類は口内、胃、腸 対策には乳酸菌が効果あり!

アレルギーに悩む男性

乳酸菌でアレルギー・アトピーを改善する効果はあるのか?

ヨーグルトとブルーベリーとミントの葉

乳酸菌と一緒に摂取。 餌や納豆菌の相乗効果でより健康になれる!

お腹にやさしい糖類

オリゴ糖の種類やカロリー、効果は?乳酸菌と一緒に摂取で便秘も改善。