植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いやメリット・デメリット。特徴や効果は?

乳酸菌には大きく分けて、植物性の乳酸菌と動物性の乳酸菌があります。

それぞれの特徴や、メリット・デメリットを紹介しますね。

 

でも最初に伝えておきたいことは、メリット・デメリットはあっても、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌のどちらかを偏って摂取するわけではないということです。

どちらもそれぞれの働きがあるのでバランスよく摂取してくださいね。

植物性乳酸菌の特徴

漬物

植物に棲みついてる乳酸菌ですね。

餌にする糖類は、ブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖など様々です。

植物性乳酸菌は、僕たち日本人が昔から食事で摂取していた乳酸菌です。

現代では食生活が欧米化してきたのでそうでもないかもしれないですが、昔は野菜中心だった日本人にとって植物性乳酸菌は相性の良い乳酸菌でもあります。

日本の食卓
乳酸菌を普段の食事から摂取しましょう。 では、実際どの食品に乳酸菌が多いのか知らなくちゃいけないですよね。 パッと思いつくのはヨーグ...

植物性は生きて腸まで届く乳酸菌

植物性乳酸菌の特徴といえば、生きて腸まで届くことです。

動物性乳酸菌は口から摂取し腸までいく間に、胃酸や胆汁でほとんどが死滅してしまいます。

ですが植物性は胃酸や胆汁で死ぬことなく「生菌」として腸に届きます。

とても強い乳酸菌で塩分や糖分が強い場所でも生きていけるんです。

植物性乳酸菌のメリット

先ほども上げましたが、生きて腸まで届くことにより得られるメリットがあります。

腸内に届き、腸内フローラとして定着は中々するものではないですが、排出されるまでの間は以下のような働きをしてくれます。

  • 腸内で乳酸を作り出し、腸内を悪玉菌が苦手とする酸性に傾かせます。
    つまり善玉菌が優位となり腸内フローラを整えてくれます。
  • 腸内フローラの善玉菌とともに乳酸を作ることで腸内を刺激し、ぜん運動を即します。

腸内フローラとは? 腸内環境を改善するとどうなる?

ラブレ菌はインフルエンザを防ぐ働き

マスクをして風邪気味の女性

植物性乳酸菌で代表的な乳酸菌に「ラブレ菌」があります。

この乳酸菌の素晴らしい働きはインフルエンザに対して発揮してくれるとこなんです。

これは、トマトケチャップやソースで有名なKAGOMEが、小学生2926人を対象に2ヶ月間調査をして実証されています。

KAGOMEラブレ菌インフルエンザ調査のデータ

出典:http://www.kagome.co.jp/nyusankin/influenza/

 

現代の日本人は食事が欧米化していて、摂取する乳酸菌も動物性が多くなってるそうです。

ですので、昔と比べ現代人はインフルエンザに対しての抵抗が弱くなっているのかもしれないですね。

たった2粒で乳酸菌数5000億【花菜の選べる乳酸菌】

植物性乳酸菌のデメリット

デメリットと言いますか、植物性乳酸菌を食事で摂取するときの注意点です。

植物性乳酸菌が多く含む食品を見ると、漬物、味噌、醤油など塩分が多い食品ばかりですよね。

そうです、植物性乳酸菌が身体にいいからと漬物や醤油などを摂りすぎると、塩分の摂りすぎになってしまうんです。

これは気を付けたいことです。

血圧や肝臓などにダメージを受けてしまいます。

動物性乳酸菌の特徴

ヨーグルト

動物性乳酸菌は動物が由来の乳酸菌です。

ヨーグルトやチーズなどがそうですね。

植物性と違い、乳糖のみをエネルギー源としています。

植物性乳酸菌とは違い、腸まで届く間の胃酸や胆汁により、そのほとんどが死滅してしまいます。

つまり、腸へは「死菌」として届くのです。

動物性乳酸菌は「死菌」として働く

動物性乳酸菌は胃酸などに弱いため「死菌」として腸に届くのがほとんどですが、「死菌」だからこその働きをしてくれます。

死んだ乳酸菌だからといって、効果がないわけではないんですね。

「死菌」も僕たちにとって大事な乳酸菌です。

動物性乳酸菌のメリット

胃酸や胆汁により死滅し、「死菌」として腸へ届いた動物性乳酸菌は、生きて届いた「生菌」や、腸内フローラの善玉菌の餌となります。

餌を与えられた善玉菌は活発に行動するようになり、乳酸を作り出して腸内環境を整えてくれます。

他にも、

  • 悪玉菌が好む有害物質を吸着して、便として体外に排出。
  • 腸に刺激を与えて、ぜん運動を即します。
  • 免疫力アップ

動物性乳酸菌のデメリット

これといったデメリットはないのですが、あえて言うならばヨーグルトやチーズのカロリーでしょうか。

ダイエットをしている人からしたら、ヨーグルト100gのカロリーも気になるところ。

でも工夫次第でクリアできますよね。

例えば、サラダのドレッシングを減らしてチーズと一緒に食べる。

ヨーグルトドレッシングも作れそうです。

 

それからデメリットではないですが、「死滅する」「腸まで生きて届かない」などといったマイナスイメージで誤解されやすいです。

植物性も動物性も同じ乳酸菌なのです

ウサギの衣装を着た双子ちゃん

よく「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」の2つに分けられて説明されていますが、科学的にはそういった分類はされておらず、どちらも同じ乳酸菌なんです。

要は、もっと細かくく乳酸菌を見ると、植物性の代表的な乳酸菌は動物からも検出されるし、動物性の代表的な乳酸菌は植物からも検出されるそうなんです。

ここまでくると専門的過ぎてややこしくなるので気にすることではないですけどね。

 

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いは単純に、

  • 植物性:生きて腸まで「生菌」として届く。
  • 動物性:胃酸や胆汁に弱く「死菌」として届く。

実は生菌も死菌も効果には違いはないとも言われています。

細菌のアップ
乳酸菌を摂取できるサプリメントや飲料、チョコレートなど色々と売られていますよね。 その中で「生きて腸まで届く」って謳い文句をよく見...

最終的に腸内フローラを良い状態に整えてくれるという効果は同じですよね。

「生菌」であれば、乳酸を作り出すことができます。

「死菌」であれば、生菌や善玉菌の餌となり、乳酸が作られます。

どちらも僕たちに必要な乳酸菌なんです。

幸せな6人家族
腸内フローラを改善し、あらゆる健康を手に入れる。 腸内フローラを改善すれば、いろいろと健康になるとは聞くけど、具体的にどうしたらい...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カップヨーグルトとスプーン

乳酸菌をヨーグルトで摂ると危険な効果が!?万人向けではなかった・・・

うんちと便秘の文字

便秘には乳酸菌が効く!? その効果とは、食物繊維は摂るべきか。

ヨーグルトとブルーベリーとミントの葉

乳酸菌と一緒に摂取。 餌や納豆菌の相乗効果でより健康になれる!

幸せな6人家族

腸内フローラ(腸内環境)の改善方法。乳酸菌で善玉菌を増やすには?

爽やかなイメージのヨーグルト

摂取したい乳酸菌の効果13選 あなたに必要なのがわかる

パックヨーグルト

乳酸菌とビフィズス菌の違い。特徴は?どっちの効果が高い?。