乳酸菌と一緒に摂取。 餌や納豆菌の相乗効果でより健康になれる!

乳酸菌を摂取することで腸内フローラが整い、あらゆる面で僕たちの身体が健康になります。

ですので、日頃から乳酸菌を食事やサプリメントで摂ることはすごく健康にとって効果的。

今回は、その効果をより良くするために、乳酸菌と一緒に摂りたいものを紹介します。

こちらの記事もどうぞ
腸内フローラ(腸内環境)の改善方法。乳酸菌で善玉菌を増やすには?

乳酸菌(善玉菌)の餌を一緒に摂取で相乗効果UP

ヨーグルトとブルーベリーとミントの葉

腸内フローラに住み着いてる腸内細菌は、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つがあります。

割合的には日和見菌が圧倒的に多いのですが、善玉菌と悪玉菌どちらか優位な方の味方になります。

ですので腸内フローラがいい状態にするには、「善玉菌」を優位にすることが大事なんですね。

善玉菌が優位になれば、圧倒的勢力を持つ日和見菌も仲間になり、腸内フローラが整う。

 

最初にも書きましたが、善玉菌の代表である乳酸菌を摂取することで善玉菌が優位になり腸内フローラが整います。

それは、摂取した乳酸菌や、腸内フローラに住み着いてる善玉菌が「乳酸」を作り出し、腸内を悪玉菌が苦手とする酸性に傾かせるからなんですね。

 

そして大事なことは、乳酸菌たちは餌をエネルギー源に代謝物として乳酸を作り出してくれるということです。

摂取した乳酸菌や善玉菌がより増えて、乳酸をたくさん作ってもらうには、餌を与えましょう。

つまり、乳酸菌を摂取するときには、乳酸菌を含む善玉菌の餌となるものを一緒に摂取することが、相乗効果を産みます。

乳酸菌(善玉菌)が好む餌とは?

では、乳酸菌などの善玉菌は何を餌として乳酸を作り出してるのでしょうか。

代表的なもので、進んで摂取していただきたいのが、2つあります。

  • オリゴ糖
  • 食物繊維

この2つ「オリゴ糖」と「食物繊維」を乳酸菌と一緒に摂ることで、乳酸菌を摂取した時の相乗効果が望めます。

オリゴ糖

シュガーポット

オリゴ糖とは、単糖類が2個~10個結合した糖類の総称で、色んな種類のオリゴ糖があります。

オリゴ糖と区別される二糖類も、厳密にはオリゴ糖になります。

 

いくつもあるオリゴ糖ですが、それぞれに特徴があり、効果も異なってきます。

ここでは、胃や腸で分解されない難消化性の代表的なオリゴ糖を紹介します。

ラフィノース 北海道でのみ摂れるビートという野菜から採取できるオリゴ糖。
悪玉菌を減らしてくれます。
免疫力アップの効果も。
フラクトオリゴ糖 玉ねぎ、ごぼう、アスパラ、バナナ、はちみつ等に含まれています。
砂糖と比べ、虫歯菌の餌とならない糖なのがいいところ。
ガラクトオリゴ糖 乳製品や母乳にも含まれるオリゴ糖。
たんぱく質の消化吸収を助長。
脂肪の燃焼をさせてコレステロールを低下させる効果も。
大豆オリゴ糖 大豆や豆系に含まれるオリゴ糖。
甘味が砂糖に近く、カロリーは半分。
整腸作用が特定保健用食品と認められていて、美容にも効果があります。
キシロオリゴ糖  トウモロコシやタケノコに少し含まれているが、あらゆる食物からとれる食物繊維の一種キシランを原料に作られるオリゴ糖です。
整腸作用の他、カルシウムの吸収も良くしてくれます。
乳果オリゴ糖 ラクトスクロースとも呼ばれ、牛乳に含まれる乳糖、ショ糖から作られます。
甘味が砂糖と同じくらい強いのが特徴。
カロリーが低いので砂糖の代わりとしてダイエットに良い。
便秘や骨密度向上に効果があります。

 

善玉菌が好むオリゴ糖はそれぞれ違う

オリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の餌となり、腸内フローラを整える効果があります。

ですが、上でもあげたように、オリゴ糖には種類があります。

そして善玉菌が好むオリゴ糖も様々なんですね。

ですので、できれば色んなオリゴ糖を摂取するのが理想なんです。

 

いい状態の腸内フローラであるためには、「多様性」というのが重要なんです。

それは、色んな種類の善玉菌が腸内フローラに棲みついていることです。

 

つまり、色んな善玉菌に餌を与えるには、色んなオリゴ糖を摂取することがポイントなんです。

かと言っても、そんな何種類もオリゴ糖を摂取するなんてハッキリ言って無理ですよね、物理的にも金銭的にも。

砂糖の代わりにと言っても金額が高いし、甘味は砂糖より少ないのがほとんど。

 

そこで一つオススメの商品があります。
“クチコミとネットで火がついて日本一選ばれているオリゴ糖
『カイテキオリゴ』

カイテキオリゴ

一般的に売られているオリゴ糖商品は、1種類のオリゴ糖だけが多いんです。

先ほど述べましたように、腸内フローラの多様性を保つためには、数種類のオリゴ糖を摂取するのが理想。

それを解決してくれるのが、この「カイテキオリゴ」

複数のオリゴ糖を配合してあり、多くの善玉菌に餌として活用されます。

更に、長い腸の中全体(腸の下の方まで)に行き渡るように調整されていて、全体を活発にしてくれます。

詳しい情報は、公式ページを見ていただくのが一番です。
公式ページはこちらをクリック

オリゴ糖を摂るだけでも、腸内フローラを改善する効果が望めます。

そのオリゴ糖と、乳酸菌を一緒に摂ることで、更に効果が期待できる乳酸菌の重要な餌です。

全額返金制度もついてますので、安心してお試しいただけますし、効果も色んな方のお墨付き。

まずは、詳細をご覧ください。


【関連記事】
オリゴ糖の種類やカロリー、効果は?乳酸菌と一緒に摂取で便秘も改善。

食物繊維

夏野菜色々

オリゴ糖と並んで、積極的に乳酸菌と一緒に取っていただきたいのが「食物繊維」

食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があり、商品には大抵両方が含まれています。

食物繊維を摂るときのポイントが、不溶性と水溶性のバランスです。

不溶性2:水溶性1

 

しかし、不溶性食物繊維が多く含まれるものが多いので、「水溶性食物繊維」を意識して摂取するのがおすすめ。

どんな食品がいいのかは、こちらの記事をご覧ください。

日本の食卓
乳酸菌を普段の食事から摂取しましょう。 では、実際どの食品に乳酸菌が多いのか知らなくちゃいけないですよね。 パッと思いつくのはヨーグ...

水溶性食物繊維の効果

水溶性食物繊維を善玉菌に餌として食べてもらうと、僕たちの身体にとってメチャクチャうれしい代謝物を作ってくれます。

「短鎖脂肪酸」です。

この短鎖脂肪酸は腸内で作られる物質でも特に素晴らしい効果を持つものです。

特にうれしいのがダイエット効果。

短鎖脂肪酸が血中に流れることで、肥満になることをストップする効果が。

「やせ菌」て聞いたことありますでしょうか?

水溶性食物繊維を餌に、短鎖脂肪酸を作り出してくれる菌が、あだ名で「やせ菌」とよばれてるんですね。

他にも、短鎖脂肪酸には驚くべき効果が多くあります。
短鎖脂肪酸を代謝して吸収する腸内フローラ どんな効果がある?

腸内フローラを良くする目的は、短鎖脂肪酸を作り出すことも大きな目的の一つです。

その短鎖脂肪酸に的を絞ったオススメのサプリがあります。

「短鎖脂肪酸」が配合されたサプリメント【善玉元気】です。

善玉元気



簡単に説明しますと、僕たちが求めているのは乳酸菌などの善玉菌が作り出してくれる代謝物です。

乳酸や短鎖脂肪酸などですね。

それを沢山作ってもらうために乳酸菌を摂取するんですが、代謝物を作るのは生きた乳酸菌です。

死滅した乳酸菌が効果がないわけではないですが、違う働きをします。それはそれで重要ではありますが。※誤解して欲しくない部分ですね、「生菌」も「死菌」も腸内フローラを元気にするという効果は変わらないんです。

「生きて腸まで届く」と謳っている商品があるのはそのためです。

 

胃酸などに弱い乳酸菌を摂るのではなく、乳酸菌や善玉菌が作り出す有用成分を直接摂取しようというサプリメントなんです。

短鎖脂肪酸をはじめとする、僕たちの身体にとって重要なエキスが多く含まれているんです。

詳しくは公式ページをご覧ください。

【善玉元気】⇦クリック

 

善玉元気のいいところは、善玉菌の餌となるオリゴ糖や水溶性食物繊維も含まれていることです。

善玉元気の成分

出典:http://www.flora.link/lp3/

他にも整腸作用に効果のある成分、若さを保つのに有用な成分も配合されています。

善玉元気の成分 整腸、アンチエイジング

出典:http://www.flora.link/lp3/

 

ヨーグルトなどで乳酸菌を摂っても効果が感じられない、得意ではない。

自分の腸に合わないと悩んでるのであれば、一度試してみて下さい。

死滅した乳酸菌「死菌」も一緒に

死菌

先ほど死滅した乳酸菌を誤解しないでくださいとお伝えしました。

死滅した乳酸菌を「死菌」と呼ぶのですが、死んだ乳酸菌だからと言って意味がなくなるわけじゃないんです。

死菌の効果

今回の記事のテーマは、乳酸菌と一緒に摂取することで相乗効果が期待できるものです。

この「死菌」も生きた乳酸菌「生菌」と一緒になることで効果が発揮されます。

 

ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌は胃酸や胆汁に弱いので腸に届くときにはほとんどが「死菌」となっています。

しかし死菌は、善玉菌や生きて届いた乳酸菌の餌となるんです。

 

餌を食べれば善玉菌が活発になり勢力を上げます。

腸内フローラが整いますね。

ですので、生菌も死菌も効果は同じなんですね。

どちらも結果的には腸内フローラを元気にします。

両方があって相乗効果で腸内フローラが元気になります。

 

更に死菌は悪玉菌が出す有害物質を吸着して体外に排出されます。

また、腸内を刺激し免疫力アップの効果もあります。

ですので、最初から死菌として販売されている乳酸菌サプリもあるほど効果があるものなんですね。

 

”死”なんてつくもんだからイメージが悪いですが、僕たちを”死”から救ってくれる菌です。

乳酸菌は死んでも尚、役に立ってくれるんですね。

殺菌した乳酸菌は意味があるの?生菌と死菌の違いや特徴、効果とは?

納豆菌と乳酸菌の相乗効果

納豆

ご存知、納豆に含まれる菌、「納豆菌」です。

乳酸菌と納豆菌を一緒摂取すると、乳酸菌が10倍にも増えるという実験結果が出ています。

つまり、納豆菌が腸まで届き、腸内フローラの善玉菌を増やしてくれる。

腸内フローラが整いますね。

そして納豆菌自体にも素晴らしい効果があります。

納豆が健康食品として優秀なのは誰もが知っていますが、どのように身体にいいのでしょう。

納豆菌の効果

血液を綺麗にします。

ナットウキナーゼというタンパク質分解酵素が血栓を溶かしてくれる働きがあり、血栓を溶かすだけでなく、サラッとした綺麗な血液にしてくれます。

心筋梗塞や脳卒中といった病気の予防に効果的なんです。

骨粗しょう症の予防

カルシウムの吸収を良くする働きがあります。

カルシウムを効率よく吸収出来れば、骨が強くなれ、骨粗しょう症に効果的です。

ガン予防

納豆菌に含まれる抗菌ぺプチドには、発がん性物質を抑える効果もあると実験結果が出ています。

納豆は他にも抗菌作用があり、ピロリ菌やヘルペスウイルス、肺炎球菌も抑制する効果が見られます。

 

また大豆商品に含まれる「大豆イソフラボン」
これが女性にはうれしい、肌を若々しくしたり更年期障害に有用な働きをしてくれます。

大豆
大豆イソフラボンという物質を聞いたことありますよね。 女性ホルモンの代わりとして働いてくれる、女性にとってうれしい物質です。 ...

最後に

今回は、乳酸菌と一緒に摂取することで相乗効果が望めるものを紹介しました。

オリゴ糖や食物繊維、納豆菌などを摂取することで腸内フローラが整います。

いい状態の腸内フローラになれば、より良く栄養素などを吸収して体中に届けることになります。

腸内フローラと血圧・血糖値の関係 あなたのお腹は243倍も・・・

そうなればまた、オリゴ糖や食物繊維、納豆菌などの良い成分を吸収できるようになる相乗効果のサイクルができますよね。

記事の途中でもお伝えしましたが、腸内フローラは多様性が重要です。

ですので、一つのものに偏らないで、バランスよく摂取することを心がけてください。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

口臭に悩む女性

口臭の種類は口内、胃、腸 対策には乳酸菌が効果あり!

虫眼鏡と細菌

摂取しておきたい【乳酸菌】の種類や特徴、その効果とは?

パックヨーグルト

乳酸菌とビフィズス菌の違い。特徴は?どっちの効果が高い?。

カップヨーグルトとスプーン

乳酸菌をヨーグルトで摂ると危険な効果が!?万人向けではなかった・・・

カップヨーグルト

【ヨーグルト種類別】乳酸菌の特徴や期待できる効果。

漬物

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いやメリット・デメリット。特徴や効果は?