乳酸菌が多い日本の食卓に合った食品 日本人には植物性乳酸菌が一番

乳酸菌を普段の食事から摂取しましょう。

では、実際どの食品に乳酸菌が多いのか知らなくちゃいけないですよね。

パッと思いつくのはヨーグルトです。

でもヨーグルトでは中々普段の食事に使える食材ではないですよね、食後のデザート的な感じです。

日本人の食卓に合った食品で乳酸菌が多いのは何かも知りましょう。

日本人は植物性の乳酸菌が合っている

日本の食卓

昔から日本人は乳製品よりも発酵食品から乳酸菌を摂取していました。

その発酵食品から摂取できる乳酸菌は植物性の乳酸菌なんですね。

ですので、僕たち日本人の腸内には植物性の乳酸菌が相性がいいんです。

乳製品のヨーグルトは動物性の乳酸菌です。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌はそれぞれ働きや特徴が違い、一概にどちらが良いというわけではありません。

乳酸菌には植物性と動物性がある。 違いやメリット・デメリット。

ただ植物性が日本人と相性がいいのは、日本人が昔から野菜中心の食物繊維が豊富な食生活により、欧米人よりも腸が長いことからきています。

長い腸を生き抜く強さが植物性乳酸菌にはあるんですね。

日本の食卓に合った「乳酸菌が多い食品」

日本人が昔から食していた、植物性乳酸菌を多く含んだ食品は今でもお馴染みの食品です。

是非意識して普段の献立に取り入れてくださいね。

漬物

漬物
  • ぬか漬け
  • しば漬け
  • たくあん
  • すぐき漬け

発酵させて作られる漬物には乳酸菌が豊富に含まれています。

ただ注意したいのが、既に漬けられて市販されている漬物には乳酸菌が含まれていないものが多数あります。

乳酸菌が含まれていないどころか、着色料や防腐剤など身体には良くないものが含まれてることも・・・

やはり一番いいのは手作りされた漬物です。

 

日本の漬物ではないですが、現代の食卓では良く出され、日本人も好みなキムチも乳酸菌がとても豊富で、量で言えばヨーグルトに匹敵するほどです。

味噌・醤油

醤油

日本の食品としては欠かせない調味料ですね。

  • 味噌
  • 醤油

毎日と言っていいほど食卓に上がる食品ですよね。

ただ、乳酸菌は加熱すると死滅してしまいます。

死菌としての効果はありますが、腸まで生きて届く生菌として摂取したい場合はそのまま摂取するのが理想です。

醗酵酒

お酒の一升瓶と枡

醗酵して作られるお酒には乳酸菌が含まれています。

  • 日本酒
  • 焼酎
  • どぶろく

特にどぶろくなどの濁り酒には豊富に含まれているのでおすすめです。

おすすめではありますが、アルコールですので飲みすぎには注意です。

 

醤油をつけて食べる刺身をおつまみに、日本酒は乳酸菌を摂取するのにおすすめの飲み方ですね

刺身

また青魚にはEPAとDHAが豊富ですよね、血管に対して有用な働きを持っています。

血管が健康になることは腸にもすごく良いことなんです。

腸内フローラで血圧・血糖値が下がる。ぽっこりお腹は243倍も・・・

 

和食は世界的にも非常に健康に良いとされていますが、お酒を飲む面でも日本の飲み方は健康的なんですね。

何度も言いますが、飲みすぎはいけませんよ。

乳酸菌と一緒に食べたい食品

植物性乳酸菌が多い食品を紹介しましたが、漬物、味噌、醤油だけでは食卓が寂しすぎ。

そこで、乳酸菌と一緒に摂りたい食品も紹介しますね。

乳酸菌など善玉菌の餌となるものを摂取すると効果的です。

それはオリゴ糖と食物繊維。

乳酸菌と一緒に摂取。 餌や納豆菌の相乗効果でより健康になれる!

オリゴ糖を含む食品

腸の笑顔

保有量だけでみれば、もっとあるのですが、ここでは日本の食卓に合う食品を紹介しますね。

  • きな粉(大豆)
  • ささげ
  • いんげん
  • ごぼう
  • えんどう豆
  • たまねぎ
  • あずき
  • はちみつ
  • ニンニク
  • 豆腐
  • ネギ

豆類の食品に多いのがわかりますね。

これらにはオリゴ糖が多く含まれているので、一緒に食べることで乳酸菌の餌となり、とても有用な働きをしてもらうことができます。

オリゴ糖の種類やカロリー、効果は?乳酸菌と一緒に摂取で便秘も改善。

食物繊維を含む食品

食物繊維の多い野菜

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。

食物繊維が豊富な食品には、大抵は両方の食物繊維が含まれています。

食物繊維を摂るときのポイントは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスです。

不溶性食物繊維2:水溶性食物繊維1

 

しかし、不溶性食物繊維の割合が多い食品がほとんどです。

ですので、「不溶性食物繊維2:水溶性食物繊維1」を意識するより、水溶性食物繊維を摂ることに意識したほうがいいですよ。

水溶性食物繊維が多い食品は、

  • オクラ
  • アボカド
  • ヤマイモ・モロヘイヤ・納豆などのネバネバ系
  • 海藻
  • ごぼう
  • ニンニク
  • 熟した果物

日本の食卓としては、合わないかもしれないですが、ドライフルーツのイチジクは食物繊維が豊富で、不溶性と水溶性のバランスもいい食品です。

食物繊維の効果

食物繊維を摂るときは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスがポイントと言いましたが、その理由です。

不溶性は水に溶けないため、固形物として腸に届きます。

もし便秘だった場合、さらにつまってしまうことになるんです。

ですので、便秘のときは特に水溶性食物繊維を意識して食べてくださいね。

 

乳酸菌と水溶性食物繊維を一緒に食べることは、善玉菌の餌となって善玉菌が増えて、腸内フローラの細菌のバランスが整う以外にも、うれしい効果があります。

それはダイエット効果です。

水溶性食物繊維のダイエット効果

水溶性食物繊維を食べると、腸内フローラの善玉菌や、日和見菌が優位になり、「短鎖脂肪酸」という物質を作り出してくれます。

この「短鎖脂肪酸」が天然のやせ薬とも言われているくらいで、ダイエットにすごく効果的な物質なんです。

バランスのいい食事
短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)をご存知でしょうか。 これは腸内で細菌が代謝物として作られる物質の一つなのですが、僕たちにとってとて...

「短鎖脂肪酸」があると脂肪細胞は、脂肪を吸収して肥大化することをストップします。

肥満の原因である脂肪を吸収して肥大化することをストップするんです。

さらには、「短鎖脂肪酸」は交感神経を刺激して体温を上げたり心拍数を上げて、エネルギー消費を増やす効果もあります。

ですので、腸内フローラを整えて(善玉菌が悪玉菌より優位な状態)水溶性食物繊維を食べることでダイエット効果にもなるんですね。

ヨーグルト
乳酸菌ダイエットが流行っていますよね。 乳酸菌と言えば、ヨーグルトやヤクルト、発酵食品などから摂取できますが、これがどうダイエットになるの...

最後に

乳酸菌が多い食品をランキングにできればわかりやすいのですが、中々保有量を数値化するのは難しいそうです。

腸内フローラは人により様々です。

ですので効果的な乳酸菌も人によって様々なんですね、なのでランキングあまり意味がないのかもしれないです。

自分に合った乳酸菌を見つけることが大事ですね。

幸せな6人家族
腸内フローラを改善し、あらゆる健康を手に入れる。 腸内フローラを改善すれば、いろいろと健康になるとは聞くけど、具体的にどうしたらい...

 

また乳酸菌や、餌となるオリゴ糖や食物繊維を普段の食事から意識して摂取できるといいのですが、これが難しいんですよね。

毎日毎日意識して料理できないです。

一人暮らしで仕事が忙しかったら料理をする時間も取れないです。

そこでサプリメントで乳酸菌やオリゴ糖、水溶性食物繊維を摂取するのがお手軽ですし腸に届きやすいように配合や工夫されているのでおすすめです。

乳酸菌の量も豊富に含めてあります。

カプセルや錠剤なら軽く飲めるし、顆粒のものでもおいしくいただけます。

食事で摂るよりもカロリーがかなり抑えられますしね。

先ほども言いましたが、乳酸菌は自分に合ったものを摂取することがポイントです。

それはサプリメントの場合でも同じ。

ですので、自分に合ったサプリメントも見つけてくださいね。

お試し期間で安く購入できますので、うまくそれを利用して探してみて下さいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

幸せな6人家族

腸内フローラ(腸内環境)の改善方法。乳酸菌で善玉菌を増やすには?

アレルギーに悩む男性

乳酸菌でアレルギー・アトピーを改善する効果はあるのか?

細菌のアップ

殺菌した乳酸菌は意味があるの?生菌と死菌の違いや特徴、効果とは?

パックヨーグルト

乳酸菌とビフィズス菌の違い。特徴は?どっちの効果が高い?。

爽やかなイメージのヨーグルト

摂取したい乳酸菌の効果13選 あなたに必要なのがわかる

お腹にやさしい糖類

オリゴ糖の種類やカロリー、効果は?乳酸菌と一緒に摂取で便秘も改善。