乳酸菌とビフィズス菌の違い。特徴は?どっちの効果が高い?。

パックヨーグルト

腸内フローラを整えようと調べると、腸内の善玉菌を増やしましょうと言われているのをよく見かけますよね。

そして善玉菌の代表的な細菌として「乳酸菌」と「ビフィズス菌」が上げられています。

そのため、「乳酸菌をたくさん摂取しましょう」、「ビフィズス菌をたくさん摂取しましょう」と勧められてますよね。

でも、どちらも善玉菌で、腸内フローラを整えてくれると言われているけど、どう違うのか気になるところ。

結局どちらを摂取したほうがいいのかも気になりますよね。

今回は、「乳酸菌」と「ビフィズス菌」の違いについてです。

乳酸菌とビフィズス菌違いはなに?

乳酸菌とビフィズス菌は、どちらも腸内フローラに棲みつく善玉菌です。

腸内フローラとは? 腸内環境を改善するとどうなる?

元々はビフィズス菌も乳酸菌と言われていたことを目にしたことがあります。

ビフィズス菌も乳酸を作り出す細菌であることから、乳酸菌の一種ではあるのですが、厳密には乳酸菌とビフィズス菌はその違いから分類されています。

腸内フローラに棲んでいる数の違い

虫眼鏡と細菌

腸内フローラに棲みつく善玉菌の種類は「乳酸菌」と「ビフィズス菌」が代表的な細菌だと言われています。

ですが、その両者の数には圧倒的な差があります。

ビフィズス菌は善玉菌全体の約99,9%で、乳酸菌は0,01以下です。

数にすると、ビフィズス菌は1兆~10兆個に対して、乳酸菌は1億~1000億個です。

1億~1000億個も充分に多く感じますが、腸内フローラ「善玉菌・悪玉菌・日和見菌」全てを含む細菌の数は100兆~1000兆個も棲みついてます。

そう考えると割合的には少ないですよね。

腸内フローラでの数
ビフィズス菌 1兆~10兆個。 善玉菌全体の99,9%を占める。
乳酸菌 1億~1000億個。 善玉菌全体の0,01%以下。

 

生息している場所の違い

大腸の環境

ビフィズス菌は、酸素がある場所では生息ができないという特徴があります。

それを偏性嫌気性と言います。

対する乳酸菌は、酸素のある場所でも生息が出来ます。

それを通性嫌気性と言います。

この違いにより、どこに生息しているかの違いが出てきます。

 

ビフィズス菌は酸素があると生きていけないので、自然界では生息できません。人間を含む生き物の腸内で生息しています。

人間の腸内では、大腸のみで棲みついてるんですね、それは大腸には酸素がないからなんです。

 

乳酸菌は酸素に触れても生きていけますので、あらゆるものに生息しています。

生き物の腸内はもちろん、ご存知のようにヨーグルトやナチュラルチーズなどの乳製品、漬物や味噌、醤油などにも含まれています。

乳酸菌が多い食品「日本の食卓に合った乳酸菌食品」

ですので、ビフィズス菌にくらべ乳酸菌は、普段から摂取しやすいですね。

無意識にも摂取しています。

生息している場所
ビフィズス菌 酸素があると生きていけな。 人を含む生き物の腸内に生息。
乳酸菌 酸素がなくても生きていける。 腸内以外にも、発酵食品(ヨーグルトや漬物、味噌・・・)などにも多く含まれている。

 

腸内フローラでの代謝物の違い

代謝する身体

乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌です。

つまりどちらも、餌を食べることによって僕たちに有用な代謝物を作ってくれます。

ビフィズス菌の代謝物は乳酸の他に、酢酸を作り出しています。酢酸以外にもビタミンBや葉酸も作り出してくれます。

 

乳酸菌は主に、乳酸を代謝物として作り出してくれます。

乳酸を作る菌だから乳酸菌なんですね。

乳酸菌であることに、代謝物の50%以上が乳酸であることが定義されています。

ビフィズス菌が代謝物として作る乳酸は50%を下回っていて、酢酸を主に他の成分が多くを占めています。

そういったことも、ビフィズス菌と乳酸菌が区別されている要因の一つなんですね。

代謝物
ビフィズス菌 酢酸、ビタミンB群、葉酸など。 乳酸は50%未満。
乳酸菌 主に乳酸が50%以上。

 

菌の形状の違い

色んな乳酸菌

肉眼では確認できませんが、菌の形状にも特徴があり、ビフィズス菌と乳酸菌では違いがあります。

ビフィズス菌はY字型やV字型の形状をしています。

乳酸菌は球状や棒状の形状をしています。

 

ビフィズスという名前は、二股に分岐したY字やV字の形が由来で、ラテン語の分岐を意味する「ビフィドゥス/bifidus」からきています。

菌の形状
ビフィズス菌 Y字型、V字型。 その分岐した形状が由来で、分岐を意味するラテン語「ビフィドゥス」から名前が付いた。
乳酸菌 球状や棒状。

 

摂取効果の違い

死滅する悪玉菌

腸内フローラを整えることは善玉菌を増やして、悪玉菌よりも優位な状態にさせることにあります。

では、乳酸菌やビフィズス菌を増やすことで善玉菌が優位になるのですが、それぞれにはどういった効果あるのでしょうか。

 

先ほどビフィズス菌は代謝物として酢酸を作り出すとお伝えしました。

その酢酸は強い殺菌作用があります。

その殺菌作用により有害な菌を抑えることができる、つまり悪玉菌を抑えて善玉菌が優位な腸内フローラになる整腸作用があります。

腸内を酸性にするといった面でも悪玉菌を抑える効果があります。

免疫力もアップし、インフルエンザやO-157といった病原菌の感染予防にも作用します。

 

乳酸菌は主に乳酸を作ることで腸内を酸性に傾かせてくれます。

酸性に傾くことは悪玉菌が減り、善玉菌が優位になります。

乳酸菌やビフィズス菌がより増殖するサポートとなるんです。

もちろん他にも乳酸菌を摂取することで望める効果はあります。

「死菌」であれば善玉菌の餌となり、これもまた善玉菌が増殖し腸内フローラが整う効果につながります。

殺菌した乳酸菌は意味があるの?生菌と死菌の違いや特徴、効果とは?

効果
ビフィズス菌 代謝物の酢酸により、悪玉菌を抑え、腸内フローラを整える。
免疫力の向上により、感染予防に作用。
乳酸菌 乳酸を作り出すことにより腸内を酸性にし、悪玉菌を抑制でき、善玉菌が優位な腸内フローラへと整える。
死菌になることで善玉菌の餌となる。

乳酸菌やビフィズス菌を摂取することで得られる効果としては、ここでは語り切れないほどの恩恵があります。

ここでは、乳酸菌とビフィズス菌の違いというテーマでお伝えしています。

ですので、ここで紹介した効果というのはほんの一部、他にも素晴らしい効果が多くありますので、ぜひ当ブログでその効果を確認していってくださいね。

幸せな6人家族
腸内フローラを改善し、あらゆる健康を手に入れる。 腸内フローラを改善すれば、いろいろと健康になるとは聞くけど、具体的にどうしたらい...

最後に

今回は乳酸菌とビフィズス菌はよく区別されてるので、その違いをまとめました。

違いはあれど、どちらも僕たちの腸内フローラがいい状態になるために働いてくれる大事な細菌たちです。

ですので、どちらを摂取するべきかということはないです。

それぞれの働きも違いますので、バランスよく摂取していくのが大事です。

 

ビフィズス菌は善玉菌の99,9%を占めると言いましたが、歳をとるにつれて減っていくそうです。

主観ではありますが、そう考えると歳をとるにつれて摂取するビフィズス菌は意識して増やしていくのがいいのかと思います。

 

また外から摂取したビフィズス菌や乳酸菌は腸内に定着することはほとんどありません。

生きて腸まで届いても、少しの期間腸内に滞在して働いたのち、便として排出されていきます。

ですので、定期的にビフィズス菌や乳酸菌を摂取するとともに、腸内フローラに棲みついている善玉菌を増やすための餌となるオリゴ糖や水溶性食物繊維を摂取することも大事です。

ヨーグルトとブルーベリーとミントの葉
乳酸菌を摂取することで腸内フローラが整い、あらゆる面で僕たちの身体が健康になります。 ですので、日頃から乳酸菌を食事やサプリメントで摂るこ...

 

普段の食生活を改善することは特に大事でありますが、定期的に摂取するという点でサプリメントをプラスすることは、効率的、効果的にもとても大きいです。

一緒に健康な身体を目指していきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

虫眼鏡と細菌

摂取しておきたい【乳酸菌】の種類や特徴、その効果とは?

お腹にやさしい糖類

オリゴ糖の種類やカロリー、効果は?乳酸菌と一緒に摂取で便秘も改善。

日本の食卓

乳酸菌が多い日本の食卓に合った食品 日本人には植物性乳酸菌が一番

カップヨーグルト

【ヨーグルト種類別】乳酸菌の特徴や期待できる効果。

うんちと便秘の文字

便秘には乳酸菌が効く!? その効果とは、食物繊維は摂るべきか。

カップヨーグルトとスプーン

乳酸菌をヨーグルトで摂ると危険な効果が!?万人向けではなかった・・・